只野 彩佳 Tadano Ayaka

1992年宮城県生まれ

2016年武蔵野美術大学 造形学部日本画学科 卒業

2018年東京藝術大学大学院美術研究科 芸術学専攻 美術教育 修了

支持体は和紙、メディアは主に岩絵具で絵画を制作しています。

作品では、独自の色彩の組み合わせを大切にしながら、自分はもちろん見た人が「入りたい」、「ここに佇みたい」と思うような景色を描きたいと思っています。

景色に永遠はなく、四季による草花の移り変わりもあれば、山の形や人々の集落も長い年月や災害などで変化していきます。

​しかしそれは悲しいことなのではなく、移り変わる中にも美しさや希望、よさがあると感じています。

そういったものを捉えながら、自分や誰かにとっての心地よい景色や居場所を描いていきたいです。

また、人々の鑑賞観に興味があります。

​修士論文「美術がわかるとは何かーその言語性から浮かび上がる救いー」

 

《入選、受賞歴》

2013年 第21回三菱商事アート・ゲート・プログラム 入選(以降25,27,35回)

2014年 第40回記念春期創画展(東京) 入選(以降41回)

     2014年度三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生 認定

     武蔵野美術大学芸術祭展示大賞ファイン部門 優秀賞

2016年 シェル美術賞2016 入選

2017年 東京藝術大学安宅賞 受賞

2019年 第37回明日をひらく絵画上野の森美術館大賞展 入選

2019年 第21回雪梁舎フィレンツェ賞展 入選

《所蔵》

淨專寺(新潟県新潟市)

森の美術館(埼玉県流山市)

《個展》

2016年   5月 只野彩佳 個展(コート・ギャラリー国立)

2017年   3月 「見たことはない故郷」(GALLERY b. TOKYO・京橋)

2018年   8月 「帳の向こうを望む」(美の起原・銀座)

2019年   8月 画廊るたんサポート展「今日辿り着いた地平」(画廊るたん・銀座)

《雑誌掲載》

​美術の窓2018年5月号「注目の新人160」

《グループ展》

2012年 10月 お初にお目にかかります展(武蔵野美術大学学内)

2013年   5月 ここじゃない展(オノ・ギャラリー国立)

       6月 例のあの日本画展(同学内)

     10月 平成モダン考(同学内)

              11月 MCAGP出品作品展示(EYE OF GYRE) 

2014年   3月 第40回記念春期創画展(日本橋高島屋)

     10月 只野彩佳「景色展」(同学内)

     11月 日本画から版画へ(同学内)

     11月 日本画三人展(apgallery)

     12月 MCAGP出品作品展示(EYE OF GYRE)

2015年   2月 第41回東京春期創画展(日本橋高島屋)

       2月 旅するムサビ展(茅野市美術館)

       3月 ポンガイズム3(銀座第七ビルギャラリー)

       3月 5人展ー躍動ー(ミルフルーヴ)

       4月 二人展(銀座Bar-Art)

       5月 ここからの景色(同学内)

       6月 MCAGP出品作品展示(EYE OF GYRE)

       9月 2014年度三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生作品展(EYE OF GYRE)

     10月 Wunderkammer von Fetischismus(同学内)

2016年   1月 武蔵野美術大学卒業制作展(同学内)

       2月 第39回 東京五美術大学連合卒業・修了制作展(国立新美術館)

       7月 日動画廊主催第三回「未来展」(日動画廊本店)

​     12月 シェル美術賞展2016(国立新美術館)

2017年   6月 MCAGP出品作品展示(MC FOREST)

       7月 第四回未来展ー美大の競演ー(日動画廊本店)​

       9月 美術教育研究室藝祭有志展示(東京藝術大学内)

2018年   1月 第66回東京藝術大学卒業・修了制作展(東京藝術大学大学美術館)

       5月 千葉県流山市、森の美術館にて所蔵展vol.4

     12月 in the air展(フリュウ・ギャラリー)

2019年   4月 第37回明日をひらく絵画 上野の森美術館大賞展(上野の森美術館)

       6月 紫陽花-4colors-展(美の起源・銀座)

 

 

© 2014-2019  AyakaTadano